ここでは、鉄筋や鉄骨が家が目立つようになった今でも、多くの日本人が木造に拘る理由に迫ります。