合板工とは、合板(ベニヤ板)を作る人のことです。ここでは、合板工の仕事について解説します。

合板工とは?

ホームセンターでよく見かけるベニヤ板は、数枚の板を張り合わせて作られています。安価でありながら質感が良く、安くて簡単に作れるベニヤハウスが東日本大震災を機に話題になっています。

原木から単板を作る作業から、接着剤を塗布・乾燥後の裁断、表面仕上げまでの工程を担うのが合板工です。具体的には、「原木を所定の長さに切断する」「原木を薄い単板にする」「接着剤を塗布し、接着した合板を常温で低圧締する」といった作業が含まれます。最後に合板を一枚一枚点検して不良品がないかどうかを確認することも、合板工にとって重要な仕事のひとつです。